アクセスマップへ
  • きれいな表情をサポートする 審美歯科 詳しくはこちら
  • 美人力UP!! ホワイトニング 詳しくはこちら
  • 本物の歯のような噛み心地、ストレスフリーのインプラント 詳しくはこちら
  • 年齢に応じた歯の治療 ライフステージ別歯科診療のご案内 詳しくはこちら
HOME > 妊娠中の歯科治療

妊娠中の歯科治療

妊娠中のママの歯と、おなかの赤ちゃんの歯の関係

妊娠中のママの歯と、おなかの赤ちゃんの歯の関係のイメージ
歯はおなかの中で作られます

妊娠7週頃に赤ちゃんの歯の芽がお母さんのおなかの中ででき始めます。
この時おなかの赤ちゃんは11mmぐらいの大きさに成長しており、妊娠3ヵ月~4ヵ月頃に永久歯の種になる永久歯胚もつくられ始めます。また、妊娠4~5ヵ月ころには石灰化といって歯が硬くなっていき、出産時にはハグキの中にはしっかりと乳歯が形作られ、永久歯の芽も植わっている状態になります。

出産前には歯の治療を終えておきましょう

つわりの時期が過ぎて痛みも引きハミガキが無理なくできるようになったら、生まれてくる赤ちゃんのためにも歯医者さんに行き、お口の中の状態をチェックしてもらいましょう。出産後は育児や家事におわれて、歯医者さんへ行く時間を確保するのが難しいため、出産前にお口の中をキレイにしておくことで、生まれてくる赤ちゃんのムシ歯を予防することができます。

赤ちゃんのむし歯

赤ちゃんのむし歯のイメージ

ムシ歯菌の赤ちゃんへの感染は、他人の唾液を介して起こります。
ママや家族の方にムシ歯菌がたくさんいると、赤ちゃんに感染しやすくなるので注意が必要です。

赤ちゃんに感染させないために!

ムシ歯菌が生まれてくる赤ちゃんにムシ歯菌が感染するのを防ぐためには、出産前にママを含む家族みんなのムシ歯菌を減らすことがとても大切です。

歯周病に気をつけなくてはならないのはなぜ?

歯周病は感染症の一種です。
赤ちゃんのいる子宮には、ママからたくさんの血液が送りこまれています。そのため妊娠中のママが歯周病だと病原菌が血液に含まれ胎盤を通して赤ちゃんに感染することがあるため注意が必要です。。

重い歯周病は早産の原因に

重い歯周病になると、歯のまわりの組織で起こった炎症により血液を通して炎症を引き起こした物質が徐々に全身に広がります。
それにより、子宮の収縮と子宮頚部の拡張を引き起し、早産になり易いと言われています。

もし、虫歯になってしまったら

もし、虫歯になってしまったらのイメージ
妊娠中のママの歯科麻酔

歯科治療では局部麻酔を使います。
通常の麻酔量で妊娠中のママやおなかの赤ちゃんへ影響することはまずないと言っていいですが、出産が近い時期になると早産になる可能性もあるため、一度歯科医師に相談しましょう。
また麻酔で気分が悪くなったなどの体の異常が起きた経験がある方はその旨を必ず医師に伝えてください。

妊娠中のママのX線撮影

歯科用のX線撮影をママがやっても日常で浴びるX線よりも微量なため、赤ちゃんに直接あたることはないため心配いりません。

妊娠中のママのお薬(内服薬)

基本的には、お薬の処方はしませんが、逆にお薬を処方しないことでママや赤ちゃんに悪い影響がある場合は、体への影響が少ないお薬を処方いたします。

福岡市で歯科治療ならほほえみ歯科医院へ

福岡市東区、和白・新宮・西戸崎にお住まいで、虫歯・歯周病治療、インプラントや矯正、ホワイトニングなどの審美歯科をお考えの方は、和白駅徒歩10分、サトー食鮮館内にあるほほえみ歯科医院へ、お気軽にご連絡下さい。

ほほえみ歯科医院 Beauty Dental Navi ご予約・お問い合わせはこちら お問い合わせ電話番号 092-608-8341 診療時間 10:00~13:00 14:30~20:00
  • ほほえみ歯科医院のイメージ
  • ほほえみ歯科医院のイメージ
  • ほほえみ歯科医院のイメージ
  • ほほえみ歯科医院のイメージ
医院までのアクセスMAPはこちら
メールでのお問い合わせはこちら
クレジットカード利用

大きな地図で見る
所在地
〒811-0203
福岡県福岡市東区塩浜1-1-19
サト-食鮮館となり
受付時間
10:00~13:00 / 14:30~20:00

お問い合わせ 詳しくはこちら